Cast & Staff
夏木マリ
夏木マリ(ナツキ・マリ)
1980年代から演劇に活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞など受賞。鈴木忠志、故蜷川幸雄の演出作品など数多くの舞台出演の傍ら、1993年から自らによる演出作品、「印象派」シリーズを制作。ソロワーク8作では、国内だけでなく、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ワシントン、アヴィニョン演劇祭(フランス)、エディンバラ国際フェスティバル(スコットランド)他、海外公演も多数。その後、東京都現代美術館での「イン・トランジット」公演を経て、主宰カンパニーMari Natsuki Terroir(MNT)を設立。カンパニーワークの印象派NÉOシリーズvol.1「わたしたちの赤ずきん」(2009年)、vol.2「灰かぶりのシンデレラ」(2014年)、vol.3「不思議の国の白雪姫(2017年)」を発表。「不思議の国の白雪姫」はルーヴル美術館公演も成功におさめた。「印象派」をコンセプチュアルアートシアターと銘打ち、身体能力を極めた独自の芸術表現を確立、この活動の功績に対し、モンブラン国際文化賞を受賞しており、印象派を軸として活動している。2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問も務める。
土屋太鳳
土屋太鳳(ツチヤ・タオ)
1995年2月3日生まれ、東京都出身。O型。2005年オーディション『MISS PHOENIX』で審査員特別賞を受賞。2008年映画デビュー。2015年NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインに抜擢され、注目を浴びる。2016年第39回日本アカデミー賞新人俳優賞、第40回エランドール賞新人賞を受賞。2017年第9回TAMA映画祭では最優秀新進女優賞を、2018年は第41回日本アカデミー賞にて優秀主演女優賞に輝く。さらにダンスや主題歌の作詞と歌唱、初舞台では1人2役に挑戦し、2018年の『第60回輝く!日本レコード大賞』の司会も見事に務めあげた。今後は連続ドラマW『鉄の骨』(WOWOW 4月スタート)、10月帝国劇場にて『ローマの休日』主演、Netflix配信ドラマ『今際の国のアリス』などがあり、他にも公開予定の映画が多数待機中である。
マメ山田
マメ山田(マメ ヤマダ)
神戸出身。1966年大阪コメディアンとして初舞台。1971年手品師木村ヨシユキ師に入門。日本各地のキャバレー回りをする。主な出演作品に蜷川幸雄演出作品、「身毒丸」「ハムレット」他、唐版「滝の白糸」「海辺のカフカ」他、美輪明宏演出「毛皮のマリー」「黒蜥蜴」、タニノクロウ演出「野鴨」「チェイホフ」「地獄谷温泉無明の宿」他がある。また映画では、三池崇史監督「妖怪大戦争」他、蜷川実花監督「ヘルタースケルター」など、PVにも多数出演。
Mari Natsuki Terroir
(マリナツキテロワール)
山﨑 麻衣子、小島 功義、城 俊彦、花島 令、牟田 のどか、小関 美央、高橋 綾子、岩崎 未来、三方 美由起、河内 優太郎、植田 崇幸、ニノ戸 新太
オーディションとワークショップで、夏木マリ独自の身体言語を共有し、ブラッシュアップするプレイヤー集団。共にクリエイションし、作品を発表するカンパニー。高い意識とフィロソフィーを持った舞台人材の育成と共に、夏木マリのソロワークからカンパニーのアンサンブルワークへとコンセプチュアルアートシアター「印象派」も発展を続けている。メンバーはコンテンポラリーダンサーやミュージシャンなど多彩な表現者の集団である。
井手茂太(イデ シゲヒロ)
振付家、ダンサー、イデビアン・クルー主宰。既存のダンススタイルにとらわれない自由な発想で、集団内でのコミュニケーションをモチーフに、日常の身振りや踊り手の個性を活かしたオリジナリティ溢れる振付手法で注目される。しなやかで弾力のある動きは、ダンサーとしても呼び声が高い。またカンパニーでの作品発表に加え、演劇作品へのステージングや振付、CM・ミュージックビデオの振付や出演など、幅広いジャンルで活動している。近年では、椎名林檎、星野源、Avril Lavigne、乃木坂46などのミュージックビデオの振付や出演、野田秀樹演出NODA・MAP『逆鱗』、夏木マリ『印象派NEO』、ジョン・ケアード演出『ハムレット』などの振付・ステージングも手掛けている。
小㞍健太(コジリ ケンタ)
ダンサー・振付家。ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロ・スカラシップ賞受賞後、モナコ公国モンテカルロバレエ団で研修生を経て18歳で入団。イリ・キリアンのスタイルに興味を持ち、ネザーランド・ダンス・シアター(NDT)に2003年より在籍し、キリアン、フォーサイス、エック、ナハリン、パイト、エックマンなど世界的振付家の作品を初演。2010年よりフリーランスとなり、『TOKI』(2011年、日中韓芸術祭2013招聘作品)、『TSURU』(2015年、アジアソサエティ&ヒューストンバレエ団共同制作)、『光のヴァイブレーション』(2016年、NHK「クラシック倶楽部」収録)、『Study for Self/portrait』(2017年、原美術館)などの創作をはじめ、サドラーズウェルズ劇場、キリアンプロダクション、スウェーデン王立バレエ団、Noism、シルヴィ・ギエム「6000 Miles Away」世界ツアーなどに客演。またオペラやミュージカルの振付、フィギュアスケート日本代表選手の表現指導、昭和音楽大学非常勤講師、新国立劇場バレエ研修所講師など多岐にわたる。近年は、渡辺レイらとOptoを主宰するほか、Dance Lab「ダンサー、言葉で踊る」のキュレーター、さいたまダンス・ラボラトリで講師/ナビゲーターを務める。
長谷川達也
(ハセガワ タツヤ)
SMAP、V6、Mr.Children、ケツメイシ、TRF、BoA、東方神起などのライブ出演・振付の他、振付日本一を決める LegendTokyo、TheatriKA‘l コンテストのW優勝。また、国内演劇祭での最優秀作品賞、若手演出家優秀賞を始 め、韓国:アジア演劇祭、ルーマニア:シビウ国際演劇祭の他、中東最大のファジル国際演劇祭からの招聘、4部門ノミネート、2部門において受賞。東京国際フォーラムで開催された舞台 「ASTERISK」総合演出・主演、歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏が総合演出を務める舞台「バラーレ」(赤坂ACT シアター)の振付・主演を務める。近年は日本では初となるダンスイマーシブシアター「Touch the Dark」を演出し、SOLDOUT続出により追加上演を重ね全75公演を開催。また、2019年には2作目となるイマーシブシアター「SHELTER」を開催し、表現の新たな可能性を提示し続けている。
演 出
夏木マリ
演出助手
川本裕子
出 演
土屋太鳳

マメ山田

Mari Natsuki Terroir
(マリナツキテロワール)

夏木マリ
振 付
井手茂太 / 小㞍健太 / 長谷川達也(DAZZLE)
舞台監督
白石英輔
音楽監督
斉藤ノヴ
舞台美術
池田ともゆき(TANC! 池田意匠事務所)
音響デザイン
山本浩一(エス・シー・アライアンス)
照明デザイン
伊藤雅一(RYU)
音 楽
井上薫
映 像
土井昌徳
衣 裳
堂本教子
帽子デザイン/製作
日爪ノブキ
プロデューサー
阿部泰祐
制 作
5MEDIT inc.
プロダクションマネジメント
米山ルミ子
主 催
MNS TOKYO CO.,LTD.